熱血起業家はもう古い、頭のキレる人のリスク回避の3ステップ

スポンサードリンク

今の仕事に満足していない

もっと収入が欲しい

ノマドライフを手に入れたい

自分のビジネスを持ちたい

もっと休みが欲しい

こんな理由で、起業する人が多く、たくさんの相談を受けるが、

ほとんどの人が起業=リスクがある。一か八かの決断。

と考えてる。

今の時代、そんな意気込んで脱サラして起業するのは賢くない。

まったくリスクなく起業して成功するための3ステップを紹介しよう。

副収入を作る

昔は、脱サラして借金して会社を作るのが普通だったかもしれない。

有限会社で300万円、株式会社で1000万円の資本金が必要だったし、店を開いたり

工場を作ったりするのはお金がかかった。

今は株式会社が0円ででき、テクノロジーの進化によって店や工場を作らなくてもできるビジネスが

膨大に増えた。インターネットがいい例だろう。

Webを使うことによって膨大な資本は不要になり、あなたが365日店に立つ必要もなく、バイトを雇う必要もない。

空いた時間でもう一つの収入源をえる方法がたくさんできた。

自分もネットで起業し、派遣、FX、MLMなど複数の収入源を作ってきたが、リスクは1つもとっていない。

まずは本業以外で、収入を作ってみよう。

空いてる時間で副収入をつくれる情報をまとめた

副業・内職・おこずかい稼ぎに最適なサイト

 

タイムマネジメントをする

そして、仕事以外に何かをはじめる時にかならず

「時間がない」「忙しい」という人がいる。

こんな人たちのほとんどが、他人に人生をコントロールされてきている。

成人するまでは両親の作った環境で不自由なく生活し、社会にでれば会社の

スケジュールで動いている。

収入・時間・人脈・情報を他者にコントロールされているから、自分で決めたり

作り出す癖がついてないのだ。お金も時間も優秀な人は自分で作り出す。

すぐに手帳を買おう。マンスリーでなくウィークリー、1日の予定を1〜2時間単位で分けて書けるものだ。

これにあなたの毎日しなければならないこと(仕事、睡眠、家のことなど)を書いて塗りつぶそう。

黒い部分はあなたが自分の意思と関係なくやらなければいけないことだ。それ以外があなたの持てる時間。

意外と少ないことがわかる。この白い部分の時間を使って、ビジネスについて学んで、実行しなければならない。

ここにいかにたくさんの自分の事業の予定を入れることができるか?これで未来が決まる。

コントロールされる側から、自分で自分をコントロールする側に変わる必要がある

 

時間の取れる仕事に転職する

手帳をみて、仕事の時間があまりにも多い人がいる。

残業で終電まで働いているとか、接待で毎日のみにいっているとか。

こういった人は平日に仕事以外の時間をつるのが不可能な人もいるだろう。

結論からいうと、仕事を変えるしかない

本業以外で収入をとっていくには、本業の時間をできるだけ短くするか

時間が取れる仕事に転職すること

その時間を使って、いかに学んでいくかが将来を決めてしまう。

今の仕事よりも、給料がいい仕事

時間が取りやすい仕事

人脈が豊かな仕事、たくさん存在します。

他業種や他の会社の情報に触れたことのない人は

いろいろな会社の情報をみてみましょう。

職業・経歴別、登録しておきたい転職サイト

 

P.S
何を始めたらいいか分からない人のために、無料で学べる企画をしています。
成功する人はなにをしているのか?
記事を書きましたので、まずはこちらを何度も読んでください。
→ http://matsumurahirokatsu.com/?p=1117

P.S1:
Hiroが毎日更新している情報と知識を週に一回
みなさんに勉強会でシェアしています。
⇒ http://matsumurahirokatsu.com/?page_id=1103
 
P.S2:

もっとたくさん学びたい、情報を取りたい人のために
メールマガジンをお届けしております。
無料で登録できます。

━━━━━━━━━━━━━━━
★ 「今日の記事はよかったじゃん!」という時は、
フェイスブックのイイね!
⇒ https://www.facebook.com/matsumurahirokatsu/
をクリックしていただけるか、
★ フェイスブックの「フィード購読&友達」も大歓迎です!
⇒ https://www.facebook.com/hirokatsu.matsumura

━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお読みいただき、
どうもありがとうございました。
松村洋克(まつむらひろかつ)
━━━━━━━━━━━━━━━




「ir大学 ~ 夢を生きる、幸せなお金持ちへの旅」

スポンサードリンク
オンラインサロン「スタートアップ大学」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です