仮想通貨、ビットコインは投資案件としておすすめできない理由を簡単にまとめてみた

スポンサードリンク

今日は、最近流行りのBitcoinやその他の仮想通貨・暗号通貨というのが投資する価値があるのか?

危険なんじゃないのか?将来性はどうなのか?ということについて思うところを書いていきたいと思います。

Bitcoinの取引所がつぶれたりする事件もニュースになっていますし、ハッカーなどによる盗難など大丈夫なのかとか

いろいろみなさん思うところがあると思います。

結論から言うと、自分は仮想通貨はBitcoinを含めてメインの投資案件にする価値はないと思ってます。その理由についてまとめました。

そもそも仮想通貨・暗号通貨・ビットコインとはどんなものか?

仮想通貨や暗号通貨は通貨という表現が使われていて、いかにもお金という感じがしますが

実はまったくお金ではありません。

一言でいうと取引のデータに価値をつけた物になります。

これはブロックチェーンという技術が使用されています。

仮想通貨ではその取引の内容を全て公開してデータを保管しています。
透明な箱をイメージしてください、この箱の中に取引のデータを入れているというイメージです。
この箱の中は透明なのでビットコインを持っている人すべてが見る事ができます。

この取引の箱がそれまであった取引の箱にチェーンされていくのでブロックがチェーンされるということで
ブロックチェーンといいます。

こちらが取引データのブロックされたデータです。この取引の計算処理をマイニング(採掘)といいます。

このマイニングという作業は、一体どこの期間がやってるかというと個人がやってます。
2−3年前はみなさんが家で持っている普通のパソコンでマイニングができていましたが、
今では大きな組織や会社がマイニングに参入してきて、個人のレベルでのマイニングが難しくなっています。

なぜかというと、このデータの計算(マイニング)は取引が行われて一番最初に計算処理した人が、採掘者となって
報酬でビットコインを受け取る事ができるのです。
なので、ビットコインを欲しい人たちが世界中から参加してビットコインを獲得できるというモチベーションでこの取引の承認作業が行われています。

中央銀行などの通貨の発行母体がないメリット

普通、通貨というのは発行母体がいるわけでそれがだいたいは国家です。
日本の場合は中央銀行の日本銀行が発行母体になっていて、ここが円という価値を保証しています。
そもそも1万円ってただの紙切れなわけです。
原価はたしか2円くらい、でもみんなが1万円だという認識をもって使っている。みんなが1万円と認めて使っているので1万円といての価値がでてくるんです。
このバックボーンにあるのが、日本銀行が1万円の価値を保証しているから日本銀行は日本という国の中央銀行なので日本という国をみんなが信頼しているから円が成り立っているわけ。

しかし、ビットコインにはこの発行母体がありません。
じゃあ誰が作ったのか?
これはナカモト サトシ という日本人だと言われています。
しかし、この開発者は顔も年齢も実在するのかすらわかりません。

これが、サイバー空間の面白いところですが、ビットコインはビットコイン保持者がみんなでその取引を承認するシステムなので中央管理が必要ないのです。

では中央銀行がないことのメリットは何かと言うと、送金手数料がかからない事です。
今までは、海外で物を購入したりするとそれに為替の手数料などが取られていましたが、これがなくなります。
これまでの通貨のシステムよりも手数料がほとんどかからない送金手段となるのです。

仮想通貨・ビットコインの市場は小さい

これまでにない通貨ということでメリットを取り上げましたが、仮想通貨が投資として価値が低い理由の一つがその市場の規模です。仮想通貨の市場を時価総額で表すと1兆円くらいの市場になります。
これがどれくらいの規模かというと世界の時価総額ランキングを見ると
1位はアップルで80兆円くらい
2位はアルファベットで65兆円くらい
3位はMicrosoftで50兆円くらい

時価総額が1兆円規模の会社というとどんな会社かというと
数千億円規模の損失を計上している東芝が1兆8000億円くらいだった。
今は1兆円を割るくらいになっているが・・・

つまり時価総額一兆円の起業というのはゴロゴロあるし、国際企業としてはかなり小さい。
時価総額1兆円規模の会社は安定企業かというと事業形態にもよるがまだまだ小さなマーケットだといえる。
だからいつふっとぶかはわからない・・・

投資的にみたときに株の銘柄1つくらいの規模しかないわけです。
世界の生産されたり消費されたりするお金は年間で9000兆円といわれています。
1日に25兆円が動くわけです。

じゃあ、金融派生商品デリバティブ(株とか不動産とか)は1日に550兆円
FXは700兆円です。

ということは、1兆円あればBitcoinは全部買えちゃうわけなんです。

この小さいマーケットで売り買いされているので1日に20%乱高下することもあります。
なのでめちゃくちゃリスクが高いので投資ではなくて投機です。

売り上げ・利益の指標判断ができない

じゃあ、ビットコインの価値が上がる理由は何かというと買う人がいるからです。
需要と供給のバランスで価格が上がったり下がったりしています。これはどういう根拠で売り買いの注文が入るのか?

例えば株の場合は、その株の価格を支える根拠があります。それが売り上げだったり利益だったり。
売り上げが上がってバランスシート的に資産が上がっていき当期純利益が上がるから株の価値も裏ずけされて上がっていくわてです。こんなふうに株の価値には実際の売り上げと消費に裏付けされた経済活動があります。

株の価値を判断するときにPSRという指標があります。

PSR=<株式時価総額>÷<売上高>

しかし、仮想通貨には売上高や利益がありません。
という事は、各国の仮想通貨に対する政策や金融に関するニュースで売り買いが行われているので、
まったく根拠のない情報で乱高下しているわけです。

投資対象として保有しておくのは危険すぎます。

配当・インカムゲインが存在しない

株の場合は先ほど書いた通り、売り上げが発生して利益が発生した事に対して、株主にたいして配当金が支払われます。
これが株の価値を担保しているのです。ビットコインを購入して持っていても配当のようなインカムゲイン(継続的な収入)は発生しません。
会社に資金を投じる、株を買うバックボーンにある配当がないというのは長期的にそれを保有する意味はあるのかな?と
思ってしまいます。
外国為替証拠金取引(FX)でさえスナップポイントでインカムゲインは発生するのに。。。

ということはビットコインを購入している人の目的は何かというと
ビットコインの価格が上がったら売って儲けてやろうというキャピタルゲイン(売買差益)を狙ったものでしかないということです。

取引所・販売所が信用できない

ビットコインを使って1日1%の利率で運用しませんか?とか
それを紹介していくようなビットコインをつかったMLM(マルチ商法)なんかがたくさん増えています。
ビットリージョンやビットコイン・D9なんかもビットコインを扱った投資案件だったりしますが。

ビットコイン自体がまず安定していない投資になるのに、さらにそれを運用して高配当をだして行こうということが
めちゃめちゃリスクが高いですね。リスク×リスク

実際にビットリージョンは引き出しができなくなって破綻しました。

このようにビットコイン運用で集客している会社はめちゃめちゃ小さいファンドだと思ってください。
なので運用がうまくいかなかったら、出資したお金は戻ってこないので、ベンチャーへの株式投資と同じです。

じゃあ販売所や取引所はどんなものかというと株でいうと証券会社みたいな感じです。

どんな会社があるかというと

Bitflyer・・・GMOなどの大手企業が出資している、日本のビットコイン取引の7割はここ

Coinchek・・・ビットコイン以外にも多数のコインを扱っている

Zaif・・・ホリエモンが関わってる会社

Bitbank(ビットバンク)・・・ビットコインのFXなどもできチャート分析も可能

登録するのは無料なので、お金をつぎ込むまえに無料でチャートやビットコインの情報を確認してみましょう。

有名どころだとこんな感じですがこれ以外にもいっぱいありますので気になる方はチェックしてみてください。

ビットコインに興味があるなら、まずは大手の取引所で購入したり情報を入手することをお勧めします。
高収益の投資案件によくある営業マンのうまいセールストークだけで、判断してしまうのはあまりにも無知です。

しかし取引所も絶対安全かというとそうではありません。あなたが購入したビットコインは取引所のサーバーに保管され、あなたはウェブサイトやアプリケーションでそれを確認したり売買できますが、取引所が潰れてしまったらそのビットコインは戻ってこないのです。

マウントゴックスという日本で最大手だったビットコインの取引所が破綻したことは知っている方も多いでしょう。

なんと、85万ビットコイン=114億円がなくなりました。びっくりですね!!

当然、お金は返ってきません。

マーケットが小さいので流動性が低い

最初に述べたようにビットコインの時価総額は1兆円くらい。
今年のはじめにビットコインの価格だが大暴落しました。
投資をやっている人ならわかると思いますが、一刻も早く損切りしたいですね。
もしかしたらこのまま下がり続けるかもしれない。
しかしこのときに各取引所はビットコインの売却制限を行いました。
たしか、最高で500万円までしか引き出せませんでした。売りたいときに自由に売れない投資商品はかなりリスクが高いです。

しかも、ビットコインはレバレッジが効かないので1億円投資していたとしたらそのうち500万円しか引き出せない。
これは普段、FXや株でトレードしてる人からみたらすごく怖い。

ビットリージョンも2017年の1月にビットコインだ大暴落したときに引き出しができなくなりました。
つまりビットコインが順調に上がっているうちは買う人が多いし、ビットコインを円やドルに変える人は少ないからいいのですが一旦下がりだしたらキャピタルゲインを狙ってる人ばかりなのでみんな売りたいわけです。
このときに円に変えれないリスクがめちゃ高いってこと。

ビットコインを使えるお店は日本でまだ3000店舗くらい
ということは不動産も家もビットコインでは買えないので、円やドルに換金して使う。
となるとFXや株と同じですよね?

となったときに、配当に相当するインカムゲインもないし流動性は低い、乱高下することから
メインの投資案件としては安定性は低いです。

ビットコインは円やドルに変わる基軸通貨になりえるか?

ビットコインに投資している、もしくは投資商材として営業している人の多くがビットコインは上がるという予測に上で活動しています。
その根拠はなんなのかというと、まずビットコインの埋蔵量というのは決められています。
例えば、金の価格というのは安定していますが、これは地球に埋まっている金の量が一定だからです。
ビットコインも発行枚数が2100万枚と決められていて、現在1600万枚が採掘されています。
ということは限られた資源を採掘するので価値は上がっていくという予測です。

もう一つはビットコインは中央銀行を介さずに送金できる通貨であること。
このブロックチェーンの発明は今までの歴史上なかったもので、こんなに素晴らしいものだから流通していくに違いないという予測です。

Bitcoinの歴史から予測する

2009年に発行されたビットコイン、はじめは0円です。
その10ヶ月後に1ビットが0.07円という価値をつけます。

ビットコインの価格が急騰する原因になった最初の事件が2013年に起こったキプロス危機です。
キプロスは聞いたことない人もいると思いますがこの小さな半島です。

ここで何が起こったかというと、キプロスという国はギリシャの国債をたくさん買っていたわけです。
みなさん知っているとおり、ギリシャは財政破綻してしまいますが、このときにギリシャの国債をたくさん持っている国も財政が危うくなるわけです。
そのときに政府が行った政策が財産課税。
キプロス国民の預金になんと約10%の税金を課税しました!これを免れたいキプロス国民は、すぐに預金からお金を引き出します。そしてビットコインを買いました。これにより急激なビットコインの価格上昇が起こります。しかし急上昇すると利益確定する人も殺到するので、価格はさがりました。

現在のビットコイン価格の上昇は中国が原因です。
対ドルでみたときの人民元が安くなってきているので、中国人は人民元持っているよりビットコインの方がいいということで中国でのビットコイン買いが起こっています。現在ビットコインを持っているのは70%くらいが中国人だと言われています。つまり中国でのニュースや中国政府の方針に価格が左右されやすいということです。
これは日本人の私たちがどうすることもできません。

例えば為替の取引だと円は日本の基軸通貨なので国が為替へ介入することができますが、ビットコインは中央銀行がないのでコントロールができないのです。

しかも中国はキプロスとちがってかなりでかくて人口も多い。
2017年1月に15万円から10万円にビットコインが暴落しましたが、300万円持ってた人が通帳みたら200万円になってた感じです。これは中国政府がビットコインの規制を行っていくことを発表したことが原因です。

国が管理できないことで税金徴収やマネーロンダリングの問題

ビットコインは持っている個人を特定することはできません。
つまり、誰がどれだけ持っているかわからないということは課税することも難しいし、犯罪にお金が使われるという可能性もあるのです。

実際にアメリカの闇サイト「シルクロード」という麻薬や殺人などを売っていた会社が、2013年10月に摘発されたが決済手段でビットコインを使っていた。

中国でもビットコインが人気な理由に、安くなってきている人民元をビットコインに買えて海外でドルやユーロに買えてしまえば、中国国内での税金を逃れることができるということで利用されてきたのだ。
しかし、中国政府はこれを規制する方向で動いている。

日本は金融庁が4月からビットコインを通貨という認識に変えているし、国によって対応がかなり違う。
アイスランドでは仮想通貨は完全に禁止だ。

脱税の最高の隠れ蓑になりうるビットコインを政府が放っておくのは考えずらい、犯罪やテロの資金源にもビットコインが使われている現状で、かならず各国が規制に乗り出すことは目に見えている。そうなったときに普通に税金を課税されて、株やFXのように申告が必要になっていくご仮想通貨のメリットは減ってしまう。そうなったときに今の価値が維持できるかはわからない。

お店や会社がビットコインや仮想通貨を導入するのはリスク

ビットコインが世界中で使われるようになったら価値は上がるという意見もたくさんある。
実際にビットコインを導入している店もたくさんあるけどほとんどが話題作りと言っていい。


じゃあ実際にすべての売り上げがビットコインで上がったとしよう。
1ビット15万円のときに100ビットの売り上げを計上したお店がある。
ということは1500万円の売り上げだ!
しかし、ビットコインを円に換金するときにレートが1ビット10万円だった。
すると実際に手にする円は1000万円、なんと500万円も為替差損が出てしまった。

たしかにビットコイン決済は手数料を取られない。
クレジットカード決済だとお店はクレジットカード会社に4〜7%を取られてします。

ビットコインの営業マンにお店のオーナーはうまく言いくるめられている人が多いと思うが、だいたいお店を経営しているオーナーや経営者は為替取引について知識がないので、手数料も安くて外国人も使いやすいビットコインはいいと思ってします。まだ、ビットコインを使っている人が一部だからいいが、これが店の100%とかになると、売り上げは上がっているのに為替差損でぜんぜん儲からない状態になってしまう。

ビットコインでの支払いを認めるということは、ドルやユーロや元での支払いを認めるのよりも大きなリスクを負う。

国民が通貨としてビットコインを使うようになるのは困難

ビットコインの価格が安定していかない限り、みんなが通貨としてビットコインは難しい。
毎日、ビットコインの価格は上がったり下がったりしている、あなたのお財布のお金が減ったり増えたりしてるのと同じ。
当然、価格が高い時に使いたい。1ビットでワインを10本買えるのと15本買えるのだと、15本買えた方がいいからだ。
ということはビットコインの価格で消費行動がかなり変化するようになってしまう。

給料の支払いもビットコインになったら、毎月30万円のときもあれば20万円のときもある。

円だとこれが安定している、100円でりんごが5個買えるときと1個買えるときという差はない。

これは国がコントロールしているので、物価の上昇も年間に大きくて2%くらいだ。
だから円はみんな安心して使えるわけ。
仮想通貨はこれからもっと試されて、国や企業が制度を買えていく必要があるだろう。

ビットコインの次にくる通貨は?

現在、ビットコインのロジックを使って新しい通貨がどんどんと発表されている。

1位 ビットコイン

2位 イーサリアム

3位 リップル

4位 ダッシュ

5位 ライトコイン

なんと1000種類以上もあるという。

これからは、この新しいコインがくる!といって流通させている営業マンがたくさんいるが、規模が小さすぎて話にならない。1位のビットコインと2位のイーサリアムだけで90パーセント以上。

1位のビットコインでも市場規模で1兆円で小さいと言っているのに、他のは論外だ。

でも実際にできた当初のビットコインに数千円を投資して気づいたら2000万円になってた!

なんてこともニュースでやっている。同じように次はこのコインが来るって言ってる人もたくさんいるし、仮想通貨ブームで一時的には上がるかもしれないが、最終的に通貨がいくつもあると使いにくい。

日本は円という通貨で統一されているから、スムーズに動いている。

昔、ブルーレイの規格競争でいろんな規格がでていたが、この作品はこっちの規格では観れるけどこっちはダメとか使いにくいですよね??

だから結局一つになっていった。

こんな感じで基準となるものは最終的に一つに落ち着くわけです。なので、ビットコインを超える仮想通貨はこれから出てくるのは難しいです。

むしろブロックチェーンの技術をつかって、大手の会社,GoogleやAmazonなんかがコインをだして自分んたちのプラットホームで運用したほうが流通しそうだし。

まとめ

現在の仮想通貨を買ってる人はみんな投機。
一攫千金を夢見る人たちが購入して値上がりしている。なので、とうぜんいつかは売りに転じるので下がる。
もしもビットコインを買うなら、あくまでも投機としてなくなってもいいお金の範囲で購入することをおすすめします。
そして、上がったら売って利益確定したほうがいいですね。

本当に長期的に投資するなら、株とかFXをお勧めしますが。
株やFXは月々1000円で学べるスタートアップ大学を活用してください。

起業も副業も投資も絶対にちゃんと知識をもってスタートしてくださいね。
経済や起業についての基礎知識はこちらの無料メルマガで学べます。

P.S
何を始めたらいいか分からない人のために、無料で学べる企画をしています。
成功する人はなにをしているのか?
記事を書きましたので、まずはこちらを何度も読んでください。
→ http://matsumurahirokatsu.com/?p=1117

P.S1:
Hiroが毎日更新している情報と知識を週に一回
みなさんに勉強会でシェアしています。
⇒ http://matsumurahirokatsu.com/?page_id=1103
 
P.S2:

もっとたくさん学びたい、情報を取りたい人のために
メールマガジンをお届けしております。
無料で登録できます。

━━━━━━━━━━━━━━━
★ 「今日の記事はよかったじゃん!」という時は、
フェイスブックのイイね!
⇒ https://www.facebook.com/matsumurahirokatsu/
をクリックしていただけるか、
★ フェイスブックの「フィード購読&友達」も大歓迎です!
⇒ https://www.facebook.com/hirokatsu.matsumura

━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお読みいただき、
どうもありがとうございました。
松村洋克(まつむらひろかつ)
━━━━━━━━━━━━━━━


スポンサードリンク
オンラインサロン「スタートアップ大学」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です